株式会社富士薬品の概要

富山の薬屋さんというと、富士薬品の名前を思いつく人が多くいます。医薬品の会社として、様々な販売チャンネルを持つ富士薬品とは、どのような会社なのでしょうか。

富士薬品の始まりや、現在の富士薬品の状況についてまとめてみました。

配置薬販売事業からはじまった富士薬品

富士薬品は、1930年に富山市で、配置薬販売事業からスタートしました。

配置薬というのは、家の中に救急箱を置いておいて、使った薬の分だけ支払いをするシステムです。

富士薬品は、各家庭を訪問し、富士薬品の無料の救急箱を届けます。救急箱の中から、腹痛の薬や、頭痛の薬を使ったら、その使った薬の分だけお金を払う仕組みです。あまり使わない薬は、他の種類の薬へ交換することが出来るので、非常に便利で経済的なシステムだと人気です。

この配置薬販売事業を、富士薬品は全国で行なってきました。

全国の299カ所の営業所を通して、高い品質の薬と、確かな品揃えの薬を、各家庭に供給してきたのです。

富士薬品は、配置薬販売事業を通して、顧客のニーズをマーケティングしてきました。それぞれの家を訪問することで、どんな薬が必要とされているかを知り、どのような方法で薬を顧客が買いたいと思っているのかをリサーチしてきたのです。

アツい『複合型医薬品企業』富士薬品

配置薬販売事業によるマーケティングの結果、富士薬品は配置薬販売事業だけで無く、別の薬の販売方法を導入したり、薬の製造を行なったりと、複合型医薬品企業へと変化していきます。

1991年には、高尿酸血症治療薬の開発に成功し、2013年から製造販売を行なっています。高尿酸血症治療薬だけで無く、顧客のニーズを満たす新たな薬の開発にも、積極的に取り組んでいます。

時代が変わると、各家庭が必要とする薬は変わっていきますし、新たな病気などが流行る場合があります。富士薬品は、そうした薬のニーズの変化に対応するために、幾つもの医療用医薬品の製造や、臨床試験を行なっているのです。

配置薬販売事業という薬の販売方法に加えて、ドラッグストアも全国に展開しています。

最近では、インターネットで薬を販売したり、無料の救急箱の契約の申し込みを受けたりもしています。

薬の様々な販売方法を持っており、医薬品の製造にも取り組んでいる富士薬品は、アツい複合型医薬品企業であると言えます。複合型医薬品企業として、富士薬品はこれからもますます、顧客の健康を促進するために熱意のこもった努力をしていくでしょう。

富士薬品の研究開発の努力は、とどまるところを知りません。

富士薬品の特徴まとめ

株式会社富士薬品の特徴は配置薬を届けてくれることです。家で薬が必要になった時に買いに行かないとない状態だと、体調が悪い中出歩かないといけなかったり大変なことも多いです。そんないざという時に役立つ救急箱を無料でお届けしてくれます。常時家に救急箱を置いておくことができます。料金はお薬を使った分のみの精算ですので、まったく使わなければお金はかかりません。定期的に訪問してくれて新鮮なお薬と交換してくれるので、いざ使った時に期限が近くて1回しか使わず残りを無駄にするといったことを防いでくれます。料金もその時に確認します。使った分だけ後払いでお支払いします。置き薬の販売器用は富山で300年以上も前から始まった商法です。そして、配置役だけではなくて、地域で一番信頼されるドラックストアを目指して、ドラックストアのSEIMSを運営しています。その他にも医薬用医薬品の販売や調剤店の運営も行っています。

やはり、一番の特徴は配置薬の設置に力を入れているところです。毎月おすすめの商品を紹介してくれたり、販売員のかたが親切にしてくださります。薬だけではなく、飲みやすいりんご酢や任参勤植物エキス40という、70種類以上の植物を発酵させたエキスに話題のブドウ糖種子エキス、フェカリス菌を配合した発酵食品など体調を整える商品もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です